SHRMコンピテンシー研究会、新コース開催案内               

2019年5月から開催のSHRMコンピテンシー研究会、新コースの開催案内!

2019年6月19日 第41回 倫理と関係性マネジメント コンピテンシー
   お陰様で、5月は、8名参加頂き、リーダーシップにも色々あるなか、相手の世代、時代の流れを念頭に、
柔軟に適応する必要があるということを今更ながら、感じました。今はやりのオーセンティック リーダーシップ
も勉強してみる価値がありそうです。
 さて、6月は、ラスベガスで、SHRM 2019コンファレンスが開催されます。
下記のメルマガでも解説した通り、今年の基調講演者の顔ぶれを見ると、
「立ち直る力」をどう発揮するかが大きなテーマになりそうです。 概要は、こちら 
 NHKでも「逆転人生」という番組が評判ですが、逆転人生を実践できた人が
  再度、「注目を集める時代になった」ということですね!
人生は、何回でも挑戦してみるものです!」
 6-8月のSHRMコンピテンシー研究会の予定は、下記の通りです

 ◆開催日:6月開催:2019/6/19(水) 19:00-21:30
 ◆テーマ:グローバル人材マネジメントのグローバル標準になった、
      SHRMコンピテンシーを一緒に学ぼう!
        6月テーマ:倫理概念 、もめ事の解消と 交渉プロセスの基本
                
 6月は、倫理概念 、揉め事の解消と 交渉プロセスの基本をテーマにします。
SHRMコンファレンスでも、倫理概念、揉め事の解消は、一番ホットなテーマになります。
    例え、組織の中では、倫理概念があっても、それを守らない人たちが沢山います。
  経営幹部の一部にもいるのです。そんな時、皆さんはどう対処しますか?
 上の人には、決して、逆らわないでは、HRプロとして、失格です。
 これが続けば、悪い伝統となり、善良で優秀な人材は、去っていきます。
 それも仕方ないと思いますか? 結局、人事総務の責任になりかねません
 それでは、どう対処するべきかが、最大の課題です。
 出来るだけ、実践的なテーマで、欧米優良グローバル企業での事例では、どう対処しているのか、
これからグローバル企業は、どうするべきかを、考えたいと思います。
  皆さんの中で、貴重な経験を共有して頂ける方、是非、ご協力ください。元NHKの方が会員におりますので、
逆転人生の番組で取り上げられるかも??
 6月まで、平河町の日本生産性本部、第2グループですが、7月からは、会員の川端氏のご協力により、
品川シーサイド駅から、徒歩1分の日立ソリューションB館 4階で行うことになりました。
 新たな環境で、新たな気持ちで、進めて行きたいと思います。
 SHRMコンピテンシー研究会の申し込みは、こちら

2019年7月17日 第42回 コミュニケーション コンピテンシー
 7月のSHRMコンピテンシー研究会は、17日(水)に、品川シーサイドの新会場で開催します。テーマは、
効果的なコミュケーションを実現するには!」です。
新会場で、新しい気分で、最新コンピテンシーを学びましょう。
-------------------------------------------------------------------------
SHRMコンピテンシー研究会 2019年7?9月開催案内のお知らせ
-------------------------------------------------------------------------
 SHRM2019コンファレンスでの発表では、SHRM CP/SCP 認定者は、すでに115,000名を突破したとのこと。
 一方で、未だに、マネジャーの効果的フィードバック力不足が指摘されているのは、東西を問わず、同じ状況に
あります。
 習慣的にメンバーにプレッシャーを与え、上から目線での評価するのがマネジャーの仕事だと考えていると、
効果的なフィードバックができない現場リーダー、マネジャーだとして、若手社員からも問題視されます。
 特に、People managementの一環として、People analyticsの導入をし出した企業では、従来のマネジャーの
コミュニケーションの問題点が具体的事例で指摘され、マネジャー評価に反映されるようになってきました。
 個人の能力がどれだけあるかが一番重要なのだから、自分の能力があることを、皆に見せれば、評価してもらえる
時代ではなくなりました。
 SHRMコンピテンシーは、元々、HRプロ用に必要なコンピテンシーとして、始まりましたが、今では、あらゆる
現場リーダー、マネジャーに求められる姿として、注目され、HRプロが率先して進めて行くべきものと考えられて
います。

◆開催日:7月開催:2019/7/17(水) 19:00-21:30
     8月開催:2019/8/21(水) 19:00-21:30
     9月開催:2019/9/18(水) 19:00-21:30
◆テーマ:グローバル人材マネジメントのグローバル標準になった、SHRMコンピテンシーを一緒に学ぼう!
     7月テーマ:効果的なコミュケーションを実現するには!
     8月テーマ:多様な文化を効果的に取り込むには!
     9月テーマ:ビジネスの予見性を引き出すには!

 7月は、コミュニケーション コンピテンシーです。
 コーチングセミナーで、コーチングスキルを学べばそれで良いという単純なことではありません。
いくら、コーチングスキルを学んでも、職場でどう活用すべきか、一向に実践できない人が多いからです。
 それでは、どういうコーチングやフィードバックが、若手社員に効果的なのか、HRプロとして、職場で何が
起きているかを判断するための重要な視点をまとめて学ぶのが、7月の最大のテーマになります。
 7月からは、品川シーサイド駅から徒歩1分の日立ソリューションB館にて開催します。新しい気分で、
新しい気づきを得て、勉強しましょう。

 今回の会場は、人数制限はありませんので、お友達に声がけして、一緒に参加ください。
◆参加費:JSHRM会員・お試し会員共に1000円、一般参加者:2000円
 JSHRM会員でない方は、下記からお試し会員登録して参加ください。
  申し込みは、こちら 
◆会場: 日立ソリューションズ タワーB棟4階にて開催します。
 (品川シーサイド駅から徒歩1分、青物横丁からは徒歩10分)
 会場住所:東京都品川区東品川4−12−7(日立ソリューションズタワーB館4階)
 会場に到着しましたら、川端氏の携帯 090-9052-4049へ               
 出席可否は、従来通り、hiro-i@smartvision.co.jp までお願いします。
 従来の考え方、進め方で、果たしてよかったのだろうかと感じている方は、
 ぜひ、参加ください。色々な気づきが得られることでしょう。

2019年8月21日 第43回 グローバル&文化の効果性 コンピテンシー
 


2019年9月18日 第44回 ビジネスの先見性 コンピテンシー
 

関連用語は?

持続可能な組織になるには?
新HRMガイドライン
ANSI HRM標準とは?
従来型のPMとの違いは?
ANSIのパフォーマンスマネジメント  
ANSIの戦力計画とは?      
ANSIの人財指標とは
人財指標と人財分析とは?
ピープル アナリティクス 

コンピンテンシーとは
SHRM版コンピテンシー

エンゲージメントとは?
やりがいあふれる職場とは?
モチベーション3.0
トータルリワード
キャリアとは?

I型/WE型人材とは?
メンターとは?

目標による管理MBO
OKRとは?
パフォーマンスとは?
パフォーマンスマネジメント
MBOとPMの違い
パフォーマンス評価?

コーチングとは?
メンタリングとは?
リーバスメンタリングとは?
メンタリングプログラム
個別対応リーダーシップとは

タレントマネジメント
ダイバーシティとは?
リテンションとは?

現場力とは?
見える化とは?
育成の見える化とは?
見える化とコーチング

SBPとは?
満足保証とは?
偉大な会社になるには
アジア優良企業ブランド大賞とは

これからの人事は?  
グローバル人財マネジメント


      関連情報は?

トピックス
各種コースの概要
ワークショップ日程

@コーチング&メンタリング基礎コース 
Aパフォーマンスマネジメント実践コース 
Bメンタリング活用コース
C人材育成の見える化コース
Dタレント・マネジメント・コース

      企業研修
概要編
実践編
タレント開発

ケーススタディ

各種講演・視察旅行

     研究会
戦略的人材マネジメント研究会
SHRMコンピテンシー研究会

参加者の声(企業研修)
参加者の(ワークショップ)

メールマガジン
(過去メルマガが見れます)

雑誌掲載記事
/学会報告

     推薦書

ビジネス・コーチング本 
パフォーマンス・コーチング本
人材育成の「見える化」本
メンタリング・バイブル
図書・ケースの注文
顧客満足度視察調査報告

     FAQ

人材マネジメント
関連団体視察報告書

IMA2009
HR SUMMIT2012
ASTD2009
ASTD2010
ASTD2011
SHRM2010
SHRM2011
SHRM2012
SHRM2013
SHRM2014
SHRM2015
SHRM2016
SHRM2017
SHRM2018
SHRM2019
TDRP Conference

APO TM Meeting
(Japanese)
APO TM Meeting
(English)

新刊書

競争に勝ちたいなら
人材育成を「見える化」
しなさい



詳細こちら